ペルセウス座流星群2023群馬の方角とピーク時間は?穴場の観測場所も!

お出かけ
スポンサーリンク

ペルセウス座流星群とはしぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と合わせて「三大流星群」のひとつで、毎年8月に見頃を迎える流星群です。

天気などがよければ1時間で80個もの流れ星を見ることができる可能性も!

今回は、ペルセウス座流星群の2023年ピークの日程・時間、群馬県内の穴場観測スポットをご紹介していきます!

ペルセウス座流星群2023群馬で見える方角は?

2023年のペルセウス座流星群の群馬県で見える方角については、実はどの方角からも見ることが出来ます!

ペルセウス座流星群は全体にまんべんなく見られるので
空が大きく開けた場所から、全体をひろく見渡すように観測するのがオススメです!

1つだけ注意したいポイントは“月のある方向を正面にして観測しない”ということです。

月の明かりがあると見える流星の数が減ってしまうので、注意が必要です。

出来れば街灯がある場所や車のライトなども避けて、光の少ない場所での観察がおすすめです。

双眼鏡や望遠鏡がなくても、肉眼で十分に見られますので
街灯やビルの灯りなどができるだけ少ない暗い場所、
大きく開けた河川敷や高台などで見るのがベストでしょう。

ずっと首をあげて夜空を眺めていると疲れてしまいますので
レジャーシートなど用意して、寝転がって天を仰ぐのが季節的にもおススメです!

 

ペルセウス座流星群2023群馬のピークの時間は?

ペルセウス座流星群の出現期間は、7月17日~8月24日です。

流星数が増えるのは8月中旬頃からで、最もピーク(極大)となる日時は8月13日午後17時頃です。

正直、2023年は極大が日中であることと、月齢が26で新月前となるため月明りの影響は小さいので、条件は悪くありません!

ただ極大が夕方頃と、まだ明るい時間となっています。

しかし!

それでも諦めないで!

8月12日19時頃から、ペルセウス座流星群の放射点が北の空に昇ります。

そこから徐々に13日にかけてピークを迎えていきます。

しかし、同じころに満月も登ってくるため月明かりが流星の観測の邪魔になってしまいます。

月の出ている方角とは反対の空を眺めるようにしましょう!

観測する上での一番のポイントは、最低でも15分は観察するということです。

屋内から屋外に出たときには外の暗さに目が慣れていないため、流星群を見つけることも難しい上、

5分程度空をみていて、流星群が見つからないと「え?本当に見れるの?こんなに探してるのに?」と疑問が浮かんでくるのが人間の性です。

15分と聞くと短いように感じますが、街灯もビルの明かりもない真っ暗な静かな場所で夜空を見上げるだけしかしないと、15分はとてつもなく長い時間に感じます。

空を見上げ続けるというのは意外にも大変なので、安全な場所にレジャーシートをしいて寝転びながら15分程度空を見続けていると徐々に目が暗さに慣れて、流星群が見つけやすくなりますよ。

ペルセウス座流星群2023群馬の穴場観測場所4つ!

都心から比較的近く、アクセスが良い群馬県は、外灯も高い建物も少ないので、実は絶景が手軽に楽しめるとして人気の場所なんです!

ペルセウス座流星群がみられる群馬県内のおススメ穴場スポットをご紹介します!

1.星の降る森(群馬県沼田市)

「星降る森」は“天然プラネタリウム”と呼ばれ、満点の星空を眺めることが出来るキャンプ場です。

都心からのアクセスも良く、木々に囲まれていて街の明りが届かないため、落ち着いた雰囲気の中でゆっくり星空の鑑賞を楽しむことが出来ます。

星空観察だけでなく、ートキャンプサイトを始め、バンガローやキャビンなどの施設があり、ラフティングなどのアクティビティも充実しているので、大人から子供まで家族で楽しむことが出来るのでおススメです!

 

星降る森

【住所】群馬県沼田市上発知町2543
【アクセス】関越自動車道 沼田I.C.より15分
【ホームページ】http://www.star-forest.com/

2. 群馬県立ぐんま天文台

群馬県の星空観察と言えば「ぐんま天文台」です!

日本人女性初の宇宙飛行士である、群馬県出身の向井千秋さんが宇宙に旅立ったことを記念して作られた天文台で、星を見に訪れる人が日本一多い天文台です。

流星群のピーク日には県内外から多くの人が集まり、皆で芝生の上に寝転がって流星群の観察会が行われます。

夜に天文台に入るには予約が必要なので注意が必要です。

 

群馬県立ぐんま天文台

【住所】群馬県吾妻郡高山村大字中山6860-86
【アクセス】渋川伊香保ICより25分/月夜野ICより20分
【ホームページ】http://www.astron.pref.gunma.jp/

3. 赤城山

山頂にカルデラ湖をもつ赤城山は、四季折々の自然を楽しめるハイキングスポットとしても人気の観光地です。

赤城山の山頂では周囲を山が囲んでいるので街明かりがなく、満点の星空を観測することができます!

特に月明かりがない日は、自然と涙があふれるくらいの素晴らしい星空が楽しめます!

是非、天気予報をチェックして行ってみてくださいね!

https://twitter.com/uribou1751/status/1021014153400528896

 

赤城山

【住所】群馬県前橋市富士見町赤城山
【アクセス】関越自動車道 赤城ICから山頂エリア大沼まで約40分(約25㎞)
【ホームページ】https://www.maebashi-cvb.com/spot/1084

 

4. 玉原高原

標高1,300mの場所にある玉原高原は、広く開けた場所で、街灯やビルの灯りなど人工の光がない、星空観察にぴったりの場所です。

漆黒の夜空に、満天の星を眺めることが出来ますよ!

真夏の昼間でも25℃を上回ることが少ない玉原高原の夜はさらに涼しく、空気が澄んでいるため、天気が良ければ天の川を見ることも出来ますよ!

また、沼田市が「星空観察会」を開催しているので、初心者や小さい子供がいる家族連れでも気軽に星空観察をすることが出来ます。

 

玉原高原

【住所】群馬県沼田市上発知町
【アクセス】関越自動車道「沼田インターチェンジ」より車で約30分
【ホームページ】https://www.numata-kankou.jp/activity/experience/hoshizora/index.html

ペルセウス座流星群2023群馬まとめ

ペルセウス座流星群 2023年 群馬の星が見える場所とピーク時間、
穴場スポットをご紹介しました!

・今年は8月13日午後17時頃にピークを迎えます!

・今年はピークが夕方であることと、月齢が26で新月前となるため月明りの影響は小さいので、条件は悪くなく、流星群の出現期間中に観察できます!

全方向に放射状に飛び出すような流星が見られますのでぜひ、レジャーシートをしいて寝転びながら、夜空を見てみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました